1. ホーム
  2. 産業医について知りたいこと

産業医への転職を考えるにあたり、メリットやデメリットについて、正確に把握しておくことは大切です。
転職にあたり、多くの場合はメリットにばかり意識が向きがちで、デメリットの部分に関しては計算に入れていないということも少なくありません。
そこで、今回は産業医になる場合のメリット、デメリットについて少し内容をまとめてみました。

メリット① 産業医はワークライフバランスを保ちやすい


産業医としての働き方を目指す方の多くは、恐らくこのメリットに関する意識が強いのではないでしょうか。
昨今、医師の多くは「ワークライフバランスを調整したい」と考えており、労働環境の厳しい職場よりも、仕事はほどほどに、プライベートな時間を大切にしたいという意識が高まっています。
そのような観点から見れば、産業医という働き方は実に魅力的であることは間違いないでしょう。

嘱託産業医であれば、1ヵ所との契約につき、月に1回程度の短時間労働となりますし、専属産業医であったとしても、基本的には時間外労働そのものも少なく、一般的な勤務医のような呼び出しなどもありません。
休日などの調整も行いやすく、プライベートが充実していくことは確かです。
ワークライフバランスを整えたいと考える医師にとって、産業医という働き方はもっとも適しているものと言えます。



メリット② 産業医は健康な状態の人を見るので、精神的に楽


一般の勤務医などと比較して、産業医の違う点を挙げるとすれば、産業医は健康な状態の人をみているという点で全く違う働き方をしていると言えます。
健康診断やストレスチェックなど、主に病気予防を中心とした役割を担っていますので、精神的に負担となるような場面が少なく、気持ちの面でゆとりを持つことができます。
どうしても、病気の方を相手にしていると気持ち的にも疲れてしまうことが多いものですが、そういった点ではご自身のメンタルにも影響があまり出ないため、落ち着いた労働環境であると言えるでしょう。

医師にはなったものの、対人関係による強いストレスにはあまり晒されたくないと考える医師もいらっしゃいます。
そのような方には大きなメリットがある職種です



デメリット① 開業医などと比べると産業医は年収が下がる


上記2点のメリットは、求めている方にとっては極めて魅力的に映るものと思われますが、その一方では少なからずデメリットと呼べる部分もあります。
その1つ目としてお伝えしたいのは、年収が低下してしまう可能性があるということ。
もちろん、これは産業医としての働き方やご自身のスキル等によって大幅に状況が変わってしまうため、一概にまとめられるものではないのですが、少なくとも開業医などと比較した場合には産業医の方が年収の低下する可能性は高いでしょう。
特に嘱託産業医であれば、その他にも実入りの良い仕事と並行しなければ、厳しい状況となることは間違いありません。
専属産業医として働く場合は、少なくとも通常の勤務医と同様、あるいはそれ以上の収入が見込める可能性もあります。

デメリット① 産業医は法的なリスクを背負わなければならない


産業医には一般の勤務医と違い、法的なリスクがないのでは?と考える方も多いと思いますが、実際にはそんなことはありません。
ストレスチェック制度も義務化されている今、産業医としては実施する責任なども、病気予防などの名目で従業員の方の健康チェックを行うこととなりますが、場合によっては損害賠償などを請求されることもあるのです。

実際に、過去の判例では大阪の財団法人において実際に産業医が損害賠償を請求されたケースもあります。
特に精神疾患に関する部分では、治療機会を遅らせてしまう、あるいは失わせてしまうことも起こりえます。

そういった場合に、事業者と共に連帯責任を負わなければいけないこともあるのです。
産業医は大丈夫だろうと安易に考えず、医師として働く以上はどのような働き方をしても、このような法的リスクが存在しているという事実は意識しておいた方がいいでしょう。

ここでは、産業医の報酬の相場についてお伝えしたいと思います。
産業医は楽だという話がありますが、実際に短時間での業務となることが大半であるため、それほど負担はかからないと考えてもいいでしょう。
しかし、その報酬の相場に関しては実際にピンキリであるとされます。

というのも、産業医のスキル等に応じて業務範囲量、契約内容なども柔軟に変わってくるためで、一概に○○円といった定型的な部分はありません。
しかし、ある程度標準的な計算方法と呼べる部分もありますので、今回はその部分を中心に一般的な相場に関するお話を少しまとめてみたいと思います。

嘱託産業医の報酬相場


嘱託産業医の業務では、大抵の場合月に1回程度、あるいは企業によって週1回程度のペースで働くことが多いものですが、具体的な金額に関しては契約方法によって大きく異なります。

・1回の訪問につき6万円
・50~100名の従業員の場合で月額6万円から、従業員数に応じて7万円、8万円と上昇していく。

上記2点が主なポイントになりますが、その他には契約形態に応じて差異があると考えて頂ければいいと思います。
従業員が増えれば増えるほど、訪問回数が増えれば触れるほど報酬が増えるというのが一般的な形態ではありますので、嘱託産業医として勤めている医師の多くは、一社のみと契約するのではなく、複数の企業と契約する道を模索していることが大半と言えるでしょう。



専業医産業医の報酬相場


嘱託産業医と専属産業医とでは、基本的な報酬の相場が大きくことなります。
専属産業医の場合は、業務量や業務内容の幅が広がる分、嘱託産業医と比べるとその報酬もかなり大きくなると考えていいでしょう。
例えば週1程度の勤務とした場合には、標準的な報酬額は年収で300~400万円程度というのが相場とされています。
もし週に5日勤務とした場合は、年に1500~2000万円程度の報酬になると考えていただければいいでしょう。

基本的に、嘱託産業医と専業産業医とでは報酬相場のあり方そのものが異なるため、どちらの働き方を選ぶのか?という選択と、報酬のあり方とが直結した選択になるため、注意が必要であると言えます。

産業医の実態、業務の幅広さや課題などに関してご理解いただけたところで、続いては産業医の働き方、つまりは産業医のタイプによってどのような違いがあるのか、その内容ついて少し触れてみてみたいと思います。

産業医と一言で表しても、その勤務形態やタイプによって求められる業務の幅が違ってきます。
そのため、それらタイプ別による働き方の違い等に関しては、あらかじめ把握しておく方が好ましいものと思われます。
そこで、以下に3つのタイプによる違いを少しまとめてみました。

役割として産業医を果たす医師


いわゆる一般的な嘱託医としての産業医の多くは、契約内容に基づいて、適切な役割を担う産業医として働くことになります。
他のタイプとの違いは、基本的なスタンスとして、あくまでも「特定の役割を担う存在」としての責務を持っていると言えるでしょう。
一定人数以下の労働者しかいない企業であれば、専属の産業医ではなく、嘱託勤務の産業医を選任することでも問題はなく、いわゆる中小企業で勤める場合には嘱託医として勤務する機会が多いものと思われます。

また、一般的なところで表現する産業医とは、大抵の場合はここに記載したようなタイプのことを言います。
健康相談、健康診断など、産業医として通常求められる範囲内において役割をこなすこととなりますが、多くの医師はその他にも勤務医としての仕事などを持ち合わせていることが大半です。
ある調査によると、およそ8割程度の産業医がこのような形で働いているとされます。



産業医を専門的な職業とする医師


特定の事業場において、専属産業医として勤める場合は、その事業場のみに属することになります。
そのため、事業場で勤める方々のために、産業医としての“専門的な知識をもって”活動を行うことになります。
つまり、契約内容に基づいて単純に役割を担うだけではないということです。
といっても、特殊な業務を行うというわけではありません。
一般的な業務内容で言えば、健康診断や面接、必要な場合には適切な措置を行うこと。
その他にも、労働環境の維持管理や、健康に関する教育、衛星に関する教育や事業主への勧告なども業務内容の中には含まれます。
毎月1回は事業場を巡回し、労働衛生環境等を確認する、必要がある場合にはその措置を講じる義務等も必要となるため、幅広い知識、高いスキルなどが必要となることは間違いありません。

特定の契約内容に基づいて役割をこなすだけには留まらないという特徴があると考えていただければいいところですが、専属産業医に関しては「メンタルヘルスケア」という課題もつきまといます。
最近の傾向としては、産業医のみで対応に当たるのではなく、地域における精神科医と連携を取りながら対応を行うことなどを求められるなど、時代に合わせた進め方なども求められるのが特徴と言えるでしょう。



リーダー的産業医


産業医としてのタイプとしては、大企業などの中においてチームリーダーとしての役割を求められることもあります。
その理由としては、近年によって規定された内容より、企業内やグループ内によって、一貫した整合お正のある産業保健体制を構築しようとする事業体が増えているという現状があります。
統括産業医、総括産業医と呼ばれるような産業医も増えており、それらの産業医には全体をリードする役割が課されているのです。
また、産業医の活動②関する標準化、その質を管理するなど、更に進んだ取り組みを行おうとする動きもあります。

それらをリードする統括医も出てきており、このような産業医達に関しては通常一般的な働きをする産業医とは明らかに性質が異なるために「リーダー的産業医」という類型に位置付けられています。
また、リーダー的産業医としては、産業医を専門的な職業とする医師とする能力だけではなく、リーダーシップ及び適切なマネジメント能力などの素養も必要と考えられています。

産業医に転職を検討している皆さんは、どのような勤務形態での就業を希望されているのでしょうか。

現在の勤務医としての仕事を続けながら非常勤医として勤めるという場合もあれば、現在の仕事を辞めて、産業医として本格的にやってみようと考える医師も数多くいらっしゃいます。
そこで、今回は産業医の勤務形態の関するお話を、少ししてみようと思います。

産業医の勤務形態の約7割が非常勤


産業医に関して、皆さんは常勤、非常勤、どちらの方が割合として多いとお考えでしょうか。
ある調査によりますと、実は産業医がとった勤務形態のおよそ7割程度が非常勤として働いているという事実が明らかとなっています。
このデータが全てとは言えませんが、実際に産業医として働いている医師の多くは「他に本業を持っている、あるいは非常勤として幾つかの仕事を掛け持ちしている」ケースが多いであろうことが推測されます。

産業医として本格的に働く場合には、いわゆる事業場の専属産業医として業務をすすめることになるかと思われますが、多くの方はそのような働き方ではなく、一般的に言われる所の嘱託産業医としての働き方を重視していると言えるでしょう。

事実、現在の仕事等にプラスオンするような形で、収入を増やしたいと考える医師も増えています。
そう考えてみると、この結果は納得のいくものと思われます。



産業医の一社当たりの平均従事時間は2時間以下!!


では、7割もの方が非常勤による働き方をしているということですが、実際にはどのレベルで業務を行っているのか、ご存じでしょうか。
産業医として働く場合は業務形態、事業内容、規模などによって多少前後はするものの、実際には一社あたりにかけられている平均的な労働時間はおよそ2時間未満とされています。
この2時間未満で出来ることはかなり限られており、衛星委員会への参加や職場の巡回、健康診断に関するものが業務の割合としてほとんどを占めているような状況です。

また、このように短時間での従事となりますので、従業員との面談を中心とした、細かなケアなどを行うことが難しいとする産業医も少なくありません。
事実、時間が不足しているため従業員等と話す時間もないと考える医師も多いと聞きます。

  • 1